2018年2月21日水曜日

昨日のリハ

前回の色はグレー、今回はオークル

私はオークルをファンデーションカラーととらえて
こんな色の衣装にさせていただきました




本日本番撮影です

2018年2月2日金曜日

夏至の日の撮影に続く第二弾


撮影日 二月二十一日

この頃は、二十四節気の雨水の時期。
春に向かっていく、草木が芽吹く、農耕の準備をする時期。

このあたりから、カメラマンのmukutubさんと、メイクのマリさんと連想していく。
土の中。まだ始まってなくて、その直前。核。細胞。

前回湿ったグレーだったので、今回はどんな色かなとイメージを膨らませていく。

細胞の色はみえないけど、ひとの肌の質感みたいなイメージ。
肌色。想像できるけど、無限大。ファンデーション。

そしてオークルへ。
黄色みがかったベージュ。
フランス語では、黄土色。

まりさんが一言、「燻ったocre」

そういえば、くすぶるってあまり良い意味では使わないねと。
いや、ちょっと視点をかえると、何か見えないうごめいているものがあって、それは良いものも含まれているのかも。何かがあるということだけで考えると、燻るってそんなに悪いイメージでもないのかな。なんて話もしもしつつ、それぞれ持ち帰り。



核や細胞→覆われている→皮膚→服→つなぎ



2人のモデルさんによる撮影
微妙に違うファンデーションカラーで仕上げる予定。

先日の打ち合わせで、
素材を提示する前に、まりさんが用意したメイクカラーが限りなく近くて、
ドキッとする。

次はモデルさんにフィッティングとメイクへつづく。